最新ニュースワードブログ
芸能人ニュース、モデルニュース、ファッションニュース、海外ニュース、政治ニュース、スポーツニュースなどなど、国内外のホットニュースワードをブログ形式でお届け!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うんざり泰葉プッツン舞台裏…すべて空回り→自暴自棄
「芸能ホットニュース」
エキサイトニュースより
いったい何が言いたかったのか?。タレント、泰葉(47)が29日都内で会見を開き、ブログや紙爆弾で罵倒してきた元夫で落語家の春風亭小朝(53)に対し、「終結しに来た」と一方的に宣言した。話は四方八方に飛び、報道陣は翻弄されたが、騒動の発端はどうやら小朝が降板したとされる来年3月の東京・明治座の舞台「三平物語」にあるようだ。
 「ひどいときには1日100通。全部で250通以上」脅迫メールを送ったと語った泰葉。メールで、ブログで小朝を執拗(しつよう)に罵倒したきっかけとして自ら挙げたのは、来年3月に明治座で行われる「三平物語」をめぐる小朝との行き違いだった。
 「2年前から企画していた。私のプロデューサーとしての初仕事」。明治座の希望は小朝の演出・出演だった。すでに別居していたが、泰葉は小朝に直接交渉し了承をもらっていた。ところが、その後、小朝から演出を断られ、昨年11月の離婚を経て今年春、こんどは泰葉がプロデューサーを辞退。7月になって小朝は「出演もできない」と明治座に告げたという。
 泰葉が、明治座に小朝キャンセルについて問い合わせると「理由は分からない」と困惑ぶりが伝わってきたというのだ。
 泰葉の怒りが爆発した。
 「父の舞台ですよ。非常に私は怒り狂いまして、それから攻撃、脅迫メールが始まりました。7月24日からです」
 会見終盤には「父が恋しいです。甘えたいです。大好きです。私は、父が一番好きなんです」と泰葉は、突然涙を流した。
 泰葉の胸の内を関係者がこう解説する。
 「離婚会見のとき、泰葉は自立した女性になると目を輝かせていた。自立とは音楽とプロデュース業。そのどちらもうまくいっていない。音楽は泰葉が目指していた父の命日、9月20日のCDリリースができず、担当していた谷村新司の妻への攻撃理由になっている。プロデュース業は、弟・いっ平の三平襲名と舞台の2つだが、そのどちらも小朝がらみ。自由になった泰葉が期待していたことがすべて空回りし、自暴自棄になった」
 小朝は、この日、東京・渋谷でクラシックコンサートの司会を務めたが、終演後、待ち受けた報道陣の前には姿を見せなかった。自身のブログで「マスコミの皆様、何もお答えできなくて申し訳ありません。僕からは何も話すことはありません」と綴るのみ。
 ベテラン落語家は、こう明かす。
 「小朝の美学として、離婚がらみで注目される舞台は、やりたくなかった。だが、いっ平の三平襲名は別。落語協会の次世代を担う先輩として根岸(林家一門)のサポートは続けるのではないか」

・動画はミヤネ屋でのひとコマ


「おススメブログ」
スープカレーMAN’s
懐かしいゲーム動画ブログ
FX情報商材ガチレビュー
3児の母まゆんのFX三昧!!
子供の辛い便秘を解消しましょ
スポンサーサイト

テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://geinou158.blog8.fc2.com/tb.php/7-4ccc9dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。