最新ニュースワードブログ
芸能人ニュース、モデルニュース、ファッションニュース、海外ニュース、政治ニュース、スポーツニュースなどなど、国内外のホットニュースワードをブログ形式でお届け!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタiQ公開 試乗レポート
「carviewより」

 近寄ってまじまじと眺めるのは初めてだが、トヨタiQ、写真で見るのと同様に人を惹きつけるカタチをしている。現物の方が写真で見るより角張っていて、それがまぎれもなく「箱」であることを実感させるけれど、従来のクルマと明らかにバランスの違う縦横比が、とてつもなくユニークな小型車であることを示している。左右のヘッドライトとその間のパネルがもたらす顔の表情は必ずしも僕の好みとはいえないが、そういったことを超越したデザインの面白さと魅力がiQにはある。特にプロフィールはユニークそのものだ。
 今回、士別テストコースで試乗するチャンスを与えられたiQはあくまでプロトタイプだが、インテリアに関しては2種類のトリムが存在した。すでに左ハンドルのショーモデルなどにも搭載されていた、コインを並べたようなパターンの布を座面に配したファブリック仕様と、周囲の部分にレザーを使った本革×ファブリック仕様がそれだが、個人的な好みも含めていえば、前者の方がiQのデザインには合っていると思う。後者はデザインテイストがわりと古典的な印象を与えて、ちょっとiQのキャラにマッチしない。豪華版は部分ファブリックにしないで、いっそオールレザーでやって欲しかった気が・・・。
 とはいえiQの室内、空間的にはとてもよくできている。特に助手席側のシートアレンジは巧妙で、身長172cmの僕が前に座ったシートの後ろに僕が座っても、レッグルームには確実に余裕がある。基本は2シーターとして乗るべきクルマだと思うが、全長3mでイザとなったら大人3人+荷物、または大人3人+幼児を収めることができるのは凄い。
 ドライビングポジションも自然に決まり、ステアリングやペダルとの関係にも違和感はないが、ヘッドルームは比較的タイトなので、できれば運転席の高さ調整が欲しいところだ。一方、シートの前後スライドやリクラインの操作レバー、それにセンターコンソールに配置されたプッシュスイッチ類などのタッチに安っぽさが皆無で、実にシットリとしているのには感心させられた。その点は、超コンパクトなプレミアムカーに相応しい。

YouTube動画:トヨタiQ


スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://geinou158.blog8.fc2.com/tb.php/17-48232051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。