最新ニュースワードブログ
芸能人ニュース、モデルニュース、ファッションニュース、海外ニュース、政治ニュース、スポーツニュースなどなど、国内外のホットニュースワードをブログ形式でお届け!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オバマ大統領就任後のスピーチ後編


「オバマ新大統領が就任演説、国民に米国再生への協力促す」

(CNN) 米民主党のバラク・オバマ前上院議員(47)は20日正午(日本時間21日午前2時)過ぎ、ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓後、就任演説し、米国の現状について危機のまっただ中にあるがこれを克服し、将来も繁栄した強い国家であり続けるとの決意を表明した。

新大統領はこの中で、米国は戦時下にあり、経済は弱体化し、短期間で解決出来る問題ではないと国民の理解を求めた。その上でこれらの問題は必ず解決出来るとして米国民に奮起を促し、米国再生へ共に取り組むよう呼び掛けた。

経済問題では、景気刺激のための大胆かつ迅速な行動が必要と強調。政府の活動については、機能するかどうかが重要な問題であるとの認識を示した。

また、対テロ戦争の主戦場と位置付けるアフガニスタンの平和構築に全力を注ぐと主張。多宗教を尊重し、相互利益や敬意に基づきイスラム社会との新たな関係構築への希望を述べた。友人やかつての敵と協力しながら「核の脅威」のない国際社会を目指すとの考えも強調した。

イラク問題では、駐留米軍の撤退は責任ある形で進めるとも言明。地球温暖化の進行を押しとどめる決意も述べた。

米国が直面する試練や打ち出す対応策は新しいものかも知れないとしながらも、成功を生み出す勤勉、正直、勇気、忍耐、好奇心、忠誠や愛国心などの美徳は昔ながらのものとし、真実でもあると強調。米国の歴史を通して進歩を生む源の力にもなったとして、現在の試練に立ち向かうにはこの力が今こそ必要であると国民に呼び掛けた。
記事元

「オバマ新大統領が就任=黒人初、「平和時代を先導」


 【ワシントン20日時事】米民主党のバラク・オバマ前上院議員(47)が20日正午(日本時間21日午前2時)すぎ、連邦議会議事堂前での就任式で宣誓し、第44代大統領に就任した。黒人の大統領は米建国史上初めてで、民主党政権は8年ぶり。オバマ氏は就任演説で、「米国は新たな平和の時代を先導する役割を果たさなければならない」と述べ、国際協調とイラク戦争終結を全世界に向けて確約した。
 米国は「変革」を掲げるオバマ政権の下、ブッシュ政権の2期8年で悪化した経済状況の改善とイラク、アフガニスタンで続く2つの戦争の克服、国際社会で低下した威信の回復を目指し、再生の道へ歩み出した。
 就任式は推定200万人が見守る空前のイベントとなり、厳戒下で行われた。
 オバマ氏は同日午前、ホワイトハウスで前任大統領のブッシュ氏と最終の引き継ぎを行った後、議事堂西側の特設会場での就任式に出席。正午すぎ、第16代大統領リンカーンが1861年の就任時に使用した聖書に手を掛け、「職務を誠実に遂行し、合衆国憲法を順守する」と宣誓した。これに先立ち、ジョゼフ・バイデン前上院議員(66)が宣誓して副大統領に就任した。
 オバマ氏は宣誓後、約20分間演説。「われわれは自らを奮い立たせ、ほこりを払い落とし、米国再生の仕事を始めなければならない」と国民の団結を訴えた。さらに「われわれは責任を持って、イラクをその国民に明け渡し、アフガンの平和を目指す」と明言。テロの脅威とは毅然(きぜん)として戦う決意を示す一方、核軍縮を進める方針を表明した。イスラム社会との連帯を目指す考えも明らかにした。 

スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

オバマ大統領就任!就任スピーチ


米国のバラク・オバマ前上院議員(47)は20日午前11時半(日本時間21日午前1時半)から、ワシントンの連邦議会議事堂前で大統領就任式に臨み、宣誓を行い、第44代米国大統領に就任した。

 黒人の大統領誕生は、奴隷制など人種差別の過去を持つ米国史上初めて。就任演説でオバマ大統領は、金融危機やイラクやアフガニスタンでの戦争を踏まえ、「我々に必要なことは『新時代の責任』だ」と述べ、緊急の課題を乗り切るため国民に協力を要請。大統領はまた、「米国再生の仕事に着手しよう」とも述べ、ブッシュ共和党政権のもとで失墜した米国のリーダーシップの復活に取り組む姿勢を鮮明にした。

 大統領は演説で、経済情勢について、「大胆で迅速な行動が必要だ」とし、その具体策として、「太陽や風力や地力を活用する」と述べ、環境分野に予算を重点配分する「グリーン・ニューディール」の必要性に改めて言及。また、イラク問題については、「我々は責任を持ってイラクを国民に委ねる」と駐留米軍の早期撤退への意欲を示すとともに、アフガニスタンでの和平構築に力を入れる考えも表明した。さらに、核の脅威削減や地球温暖化対策にも取り組む考えを示した。国や宗教の違いによる対立にも触れ、人種や党派を超えた国民の団結の必要性を強調した。

 就任式は「自由の再生」をテーマに行われ、大統領は演説に先立ち、「奴隷解放の父」エイブラハム・リンカーン第16代米大統領が1861年の宣誓で使ったのと同じ聖書に左手を置き、「私、バラク・フセイン・オバマは、合衆国大統領の職務を誠実に遂行し、全力を尽くして合衆国憲法を維持、保護、擁護することを厳粛に誓う」と宣誓の言葉を唱えた。

 副大統領には、ジョゼフ・バイデン前上院議員(66)が就任した。

 就任式会場や引き続き行われるパレードルート周辺には、就任式史上最多の約200万人とも言われる市民が集まり、祝賀ムードに包まれた。反面、就任式を狙ったテロに対する厳重な警備態勢が敷かれた。
記事元

・関連記事

「オバマ大統領、就任後初の昼食はリンカーンと同じ」
オバマ米大統領は20日昼(日本時間21日早朝)、就任後初の昼食を議会指導者らとともにした。昼食は、オバマ氏が敬愛するリンカーン第16代大統領が1861年の就任式後に食べたメニューが再現された。

 米メディアによると、前菜がシーフード・シチュー、メーンコースがキジとカモの肉料理。デザートはリンカーンがアップルケーキを好物にしていたことから、アップルシナモンスポンジケーキが出された。

 皿はリンカーン大統領時代に使われた陶磁器の複製が使われた。

 連邦議事堂内で行われた昼食会には、オバマ氏と大統領選を戦ったマケイン上院議員夫妻をはじめ議会関係者など約200人が出席した。

 オバマ氏と同じイリノイ州選出だったリンカーンは、今年生誕200周年を迎える。オバマ氏の就任式典の公式テーマもリンカーンの演説から「自由の新たな誕生」となった。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

「Taxi」のS・ナセリ、バーで男性刺し拘束される
a0a98dc7.jpg【パリ9日AFP=時事】映画「Taxi」シリーズや「デイズ・オブ・グローリー」で知られる仏男優のサミー・ナセリ容疑者がパリのバーで男性をナイフで刺した容疑で警察に拘束されたことが9日、明らかになった。
 同容疑者はパリ中心部のバーで元恋人とその友人の女性2人と会っていたが激しい口論となり、女性たちはトイレに逃げ込んで携帯電話で男性に助けを求めた。バーに駆けつけた男性を、同容疑者がナイフで刺したという。
 同容疑者は8日夜、アパートに戻ったところを警察に連行され、肝臓の治療を受けている病院で拘束されている。近く殺人未遂容疑で起訴される。刺された男性は回復しつつあるという。
 同容疑者はパリでフランス人の母とアルジェリア人の父の間に生まれた。アルコール・薬物依存症などでこれまでも何回か逮捕されている。「Taxi」シリーズで人気を得たほか、「デイズ・オブ・グローリー」で2006年のカンヌ国際映画祭の男優賞を受けた。
記事元

・関連記事
「アイポッドが酒気帯び検知器に=ハリウッドスターも注文?米」

 【シリコンバレー22日時事】米アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」が酒気帯び検知器に早変わり?。息を吹き掛けて、基準値以上のアルコールを検出すると、液晶画面で警告を発する応用機器「iBreath(アイブレス)」がこのほど米国で発売され、話題を呼んでいる。
 アイポッドの下部に差し込んで使用する。多機能型携帯電話機「iPhone(アイフォーン)」にも対応。息を吐いて2秒間で血中濃度を表示、全米50州の基準値0.08%以上で警告音を発する仕組み。日本の同基準値0.03%以上で警告するシステムに改良し、来年日本向けに出荷することも検討中だ。
 価格は79ドル(約7000円)と、最も安い既存製品の半額程度。開発した米電子機器製造中堅のデービッド・スチール・エンタープライゼズ(カリフォルニア州)は、「パーティーの季節を迎え、『飲んだら乗るな』を周知徹底できる」(バスラー最高経営責任者=CEO=)として普及に自信を示している。アップルの人気製品に対応する利便性から、「スキャンダルを嫌うハリウッドスターからの受注も相次いでいる」(同)という。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

09年の話題作を教えちゃいます
「ダークナイト」が記録的な大ヒットとなるなど、さまざまな作品が公開された2008年。今年はどのような作品がラインアップされているのでしょう。噂の超大作、続編、そしてあのスターの最新作など、09年の話題作を一足お先に一挙まとめてお伝えします。

「天使と悪魔」
 トム・ハンクス主演の「ダ・ヴィンチ・コード」の続編がいよいよ5月に公開されます。前作同様にハンクスが主演し、ロン・ハワード監督がメガホンを取っています。「ダ・ヴィンチ・コード」以前の事件を描く同作は、ローマ教皇の選出を巡る陰謀に秘密結社イルミナティの陰謀も絡む物語。新たにユアン・マクレガーがキャストに加わって話題に。

「ジ・イマジナリアム・オブ・ドクター・パルナッサス」
 「ブラザーズ・グリム」のテリー・ギリアム監督がメガホンを取るファンタジーで、昨年1月に28歳の若さで急死したヒース・レジャーが生前撮影中だった作品。レジャーの役は容姿が変ぼうするため、同じ役をジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継いで演じて話題に。レジャーの登場シーンはそのまま使用しているといわれています。

「トランスフォーマー2」
 07年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督が総指揮を取った大ヒット作の続編。前作同様にマイケル・ベイ監督がメガホンを取り、シャイア・ラブーフが主人公を演じています。前作の悪役デストロンが仲間を引き連れ復讐(ふくしゅう)のために再び地球にやってきて、新たな闘いが始まります。ラブーフは撮影中に交通事故を起こし、左手に大けがを負いましたが、ギブスで固定して撮影を続けていました。そのため一部脚本が書き換えられたとの噂も。

「ドラゴンボール」
 公開が延期されていた同作ですが、いよいよ今春公開されます。「ファイナル・デスティネーション」のジェームズ・ウォン監督がメガホンを取り、あの人気漫画を映画化したもの。ゴクウには「宇宙戦争」のジャスティン・チャトウィン、ブルマには「オペラ座の怪人」のエミー・ロッサムが、亀仙人にはチョウ・ユンファが起用されています。そしてマイ役で田村恵里子も出演しています。

「ターミネーター4」
 アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作の第4弾は、新生シリーズ3部作として制作されています。今作はその第1弾で、舞台は前作の14年後の2018年。成人して反乱軍を率いてスカイネットと戦うジョン・コナー(クリスチャン・ベール)の前に記憶を失った謎の男が現れます。シュワルツェネッガーがカメオ出演するかどうかに注目が集まっています。

「デュプリシティ」
 ジュリア・ロバーツとクライヴ・オーウェンが共演するスパイ映画。企業スパイの2人は、お互いがライバル企業をスパイしていることに気づき、手を組んで雇い主をだまそうとする物語。「クローサー」(04年)以来5年ぶりの共演作です。

「クロッシング・オーバー」
 昨年は19年ぶりに復活した「インディ・ジョーンズ」が大ヒットしたハリソン・フォードの最新作。ショーン・ペン、アシュリー・ジャッドら豪華スターの共演でも話題になっています。不法移民を摘発する捜査官(フォード)が移民を巡るさまざまな問題に直面する社会派ドラマです。

「ツリー・オブ・ライフ」
 ブラッド・ピットとショーン・ペン共演の話題作。一時はヒース・レジャーが主演することが決まっていましたが、降板したため、代役にブラピが起用されたもの。テレンス・マリック監督がメガホンを取る同作は、現時点でプロットは明らかにされていません。

「シャンハイ」
 渡辺謙のハリウッド最新作がいよいよ公開されます。ジョン・キューザックと共演した同作は、第二次世界大戦時の上海が舞台。真珠湾攻撃の数カ月前に友人を殺害された主人公(キューザック)がその謎に迫る中で、米政府の大いなる陰謀に気がつくという物語。菊地凛子も出演しています。渡辺は今年は他にも児童小説を映画化した「シルク・ド・フリーク」にも出演します。

「シャッター・アイランド」
 レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督のコンビによる最新作。ボストン沖の孤島にある犯罪者専用の精神病院で一人の女性が行方不明になり、その謎に連邦捜査官が迫るミステリー。レオ演じる捜査官の相棒役は、マーク・ラファロが演じる他、ミッシェル・ウィリアムズ、パトリシア・クラークソンら豪華キャストの共演が話題に。

「ウルフマン」
ホラーの名作「狼男」のリメーク。ベネチオ・デル・トロが狼男に扮し、その父親役をアンソニー・ホプキンスが演じています。リック・ベーカー氏による特殊メークで狼男に変身したデル・トローが見物。

◆「シャーロック・ホームズ」
マドンナの元夫ガイ・リッチー監督の最新作。出版予定の漫画を基にした作品で、ロバード・ダウニー・Jrが名探偵ホームズを演じています。そのダウニー・ Jrは今年、名門ジュリアート音楽院に入学したものの、統合失調症を患いホームレスになる音楽の天才サニエル・エアーズの半生を描いた「ザ・ソロイスト」にも出演します。
記事元

テーマ:本日気になったネタ - ジャンル:ニュース

新年早々イスラエル軍空爆続行、死者412人に
イスラエル軍は1日、強硬派ハマスが支配するパレスチナ自治区ガザで6日目の空爆を続け、政府庁舎やハマス幹部宅などを攻撃、ハマスの有力幹部を初めて殺害した。ロイター通信によると、大規模空爆開始以来のパレスチナ人の死者は計412人となった。

 イスラエルのメディアによると、同国はハマスに停戦を順守させるための国際監視団などの設置を、停戦の条件にすることを検討している。

 殺害されたハマス幹部は、ガザ地区北部の責任者で、政治部門の最強硬派ニザル・ラヤン氏。イスラエル放送によると、ラヤン氏は直前に空爆について警告を受けたが退避せず、妻と子供ら9人も巻き添えで死亡した。他のハマス幹部は空爆を逃れるため行方を隠しているが、ラヤン氏は自宅にとどまっていたという。

 軍はガザ地区周辺に、地上侵攻に備えて数千人の部隊を配置。ビルナイ国防副大臣は軍放送に「ハマスに強烈な打撃を与える作戦は始まったばかりだ」と語った。イスラエル紙ハーレツは、軍が政府に対し大規模で短期の侵攻作戦を提案していると報じた。

 ハマス政権のハニヤ首相はハマス系テレビで「攻撃がまず停止されなければならない。その後にあらゆる交渉が可能になる」と述べ、イスラエルの攻撃停止が停戦協議の前提になるとの立場を示した。
記事元


テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。